スポーツジムに体験入会!3000円で分かった長く通えるポイント!

身体のたるみが気になってきて、スポーツジムに通いたいと考える人は多いかもしれません。しかし、なかなか踏ん切りがつかないのが現実です。私もそうだったからよく分かります。ただ、いつまで悩んでも結論は出ないでしょう。

私は体験をしてみて、どうするかを決めました。ここでは私が体験入会で見つけたポイントについて、体験談から解説していきます。

スポーツジムに入会するか悩むとき

身体が若いときのような基礎代謝がなくなると、簡単にぜい肉がついてきます。私は早い時期に気づいていたのですが、対策を取るのが遅れました。しかし、妻に腹が出てきたと指摘されたことがありました。そこからスポーツジムに入会しようと、本気で考えるようになったのです。

しかし、それまでずっと通おうと思っていて、しなかったことを急にできるとは思いませんでした。それでも始めなければ、妻に示しがつかないと考えたのです。妻が口に出すということは、相当気になっていたということになります。

そうでなければ、大抵のことを笑って流してくれるおおらかな人だからです。そんな妻に言われたので言い訳をしている暇はありません。すぐにでも始める必要があると自分でも分かっていました。私のように悩むのであれば、試してみると良いでしょう。

体験入会であれば、そこまでハードルが高くないです。

体験入会をしてみる

すぐに始めると決めても、どこに行くかは決まっていませんでした。正直に言えばどこでもいいと思っていたのです。ただ、長く通うことになるのであれば、いいスポーツジムを選ぶことが大切です。そう考えると、選び方には注意が必要でしょう。

選ぶ前に体験入会をすると、そのスポーツジムの雰囲気をつかめます。そんな体験入会の中には、3000円で体験できるジムもあるのです。

体験入会といってもほとんど会員と同じように施設を利用することができますし、どのような運動ができるのかも分かります。色々なジムの体験を受けたときに、私が体験でポイントだと思ったのは、インストラクターの対応です。

インストラクターがいいスポーツジムは、また通いたいと思いました。スポーツジムがどんなに最新の道具を揃えていたとしても、それを教えるインストラクターがいなければ使うことはできません。そのように考えると、インストラクターが重要なポイントになるでしょう。

私は体験入会を通して、たくさんのインストラクターに会いました。

その経験でどのようなインストラクターがいいかは大体分かったのです。愛想がいいことや話しかけることなどは、みんながしていました。ただし、距離感を上手く保てる人はあまりいませんでした。話しかけてほしくないときに、話しかけられるとインストラクターであってもイラッとします。

そのような雰囲気を感じられるインストラクターは貴重でしょう。

スポーツジムによってサービスが違う

基本的にスポーツジムは体を動かす場所ですが、それに伴うサービスが充実していることが多いです。ただし、そのサービスはジムによって違います。

こだわりの水が飲めるというジムもありましたし、一ヶ月間料金無料というサービスを行っているジムもありました。スポーツジムが生き残ろうと思えば、そのくらい差別化することが大事なのです。しかし、そのようなサービスを本質から目をそらせるために、使っているジムもあります。

例えばインストラクターの質が低いから、料金や他のサービスで補おうとするケースです。このような場合には本質を見ることが大事になります。実際に体験入会してみると、そのように質が悪いスポーツジムもあったのです。

ごまかすために付加サービスを提供しているジムは、あまりおすすめできません。一方で、質が高い上に、サービスを追加で提供しているスポーツジムもあります。そう考えると、サービスはスポーツジムを選ぶときには、重要な要素になります。

ただし、本質を見落とさないことが大事になるでしょう。

近い場所よりも定期的に通えるかがポイント

場所はジムに通うときには重要なポイントです。ただし、家から近いという理由でジムを選ぶと失敗する可能性があります。例えば、家から近くても通うのに不便な場所にジムがあるかもしれません。そう考えると、定期的に通うことを考えて、通いやすい場所を選ぶことが大切です。

会社帰りに通うことが多いのであれば、会社に近いジムを選ぶのもいいでしょう。通い方や生活スタイルに合わせて、スポーツジムを選ぶと長く通うことができます。スポーツジムのために遠くまで通うということになると、面倒になったときに通わなくなります。

そのようにやる気がなくなったことを想定することも重要です。ジムに通うことが好きで通う人はあまり多くないです。それであれば、通わない理由を探してしまうでしょう。そうなったときに真っ先に上がるのが、遠いという理由です。

私は体験入会をして、その重要性に気づきました。面倒だと思ったことが何度もあったからです。まだ体験中だったから通えましたが、マンネリ化したあとではできなかったかもしれません。

スポーツジムに通うのには理由が必要

ジムに通うときには、明確な理由があることが重要です。それがないと、すぐに止めてしまうかもしれません。私は妻に言われたという強制力があったので、止めるという選択肢はありませんでした。しかし、それがなければ、止めていたかもしれないです。

特に仕事で疲れている時や忙しいときは止めたいと思いました。体験入会という短い期間でもそう思ったのですから、長期的に通う人は止めたくなるときが来るでしょう。そんなときに、理由があれば乗り越えられます。私のような強制する力であれば理想的です。

そうではないにしても、婚カツのために痩せたいなどの、理由があれば止めないでしょう。通う前にこの理由を見つけておくことがポイントになります。

習慣になるまではつらいかもしれない

スポーツジムを生活の中心にする人は多くないです、そのため、ジムに通うことは生活に新しい要素が加わることになります。

そのような新しいものは慣れるまでに時間がかかるものです。時間をかけてなれていくことで、習慣化されるでしょう。しかし、習慣化されるまでは、苦痛に感じる時期もあります。これは通うのが当たり前になれば、なくなる感情です。

ただ、それまでは苦しく感じても耐えるしかありません。新しいことを始めると慣れないことが多いので、止めたくなってしまうのです。習慣化されてしまえば無くなる感情ですので、それまでは気をそらせながら続けましょう。

いつの間にか通うのが当たり前になっていきます。そうなるまで、続けることが重要です。それは私が体験入会から学んだポイントです。